本文へスキップ
QRコード 携帯版サイト
お刺身紹介
良く出しているお刺身の一部を簡単に紹介します。
入荷状況によって出す魚が変わるため、これらが必ず出るわけではありません。
画像をクリックすると拡大されます。
 タイ(マダイ、チダイ、クロダイ等)    ホウボウ、カナガシラ等
 
 画像の魚はチダイといって、マダイに比べて小ぶりですが甘みのある身が美味しいです。
魚の王様は伊達ではなく、お刺身はもちろん、焼き魚や煮魚など、どんな料理でも美味しく頂けます。
   画像はホウボウ、大きなヒレが特徴です。
地面を這って泳ぐ際の指のような器官が面白い魚です(水族館で実物を見るとわかりますがなかなかユニークです)
ホウボウも美味しいですが、うちではカナガシラのほうを良く出しています。
 カレイ(マガレイ、ヒガレイ、マコガレイ、アカガレイ等)    ソイ(マゾイ、クロソイ、ムラソイ、シマソイ等)
 
 画像はアカガレイで、その名のとおり身が赤み掛かっているのが特徴です
カレイは煮魚のイメージが強いですが、お刺身も美味しいです。
鰈類は他にもホシガレイ、イシガレイ、クロガレイなど種類が非常に多く、慣れないと中々見分けられません。
   画像はマゾイです。
身に歯ごたえがあり、コリコリとした食感が楽しめます。
この魚も結構見分けるのに苦労します。
ドンコ     キチジ(キンキ)
 
 鮮度が落ちやすい魚であり、煮魚あたりはともかくお刺身で食べたことのある人は少ないかもしれません。
逆に新鮮だととても美味しい魚です。
画像の小皿は肝ポン酢で、これで頂くとまた違った味が楽しめます。
   大きいものだとかなりの値段がしますが、小ぶりなものならお手ごろな値段で手に入ることもあります(あくまでその時次第でありますが)
金目ダイのように煮魚のイメージが強いですが、油の乗ったぷりっとした身はお刺身でも中々のものです。